Ballet

ストレッチは、力を抜く事ではないのです

投稿日:

 

先日、一緒にレッスンを受けた人から質問されました

 

 

バレエランキング

♪ ランキングの応援、お願いします ♪

 

 

 

 

 

質問の内容は…

 

「固めないで伸びて〜」って言う先生が多いのに、

今日の先生は「しっかり力入れて!」って仰ってたけど…

どっちが正しいんですか?

 

 

言葉って難しいですね〜😅

 

 

 

『ストレッチ=力を抜く』

そう考えてはいませんか?

 

確かに無駄な力が入っていては

ストレッチする事は出来ないのですが、

ストレッチにも力は必要です

 

ましてや、バレエは動いている間

ずっと伸び続けなくてはなりません

 

一瞬伸びたらOK! ではないので、

『伸び続ける・体の中心から外に広がり続ける』

という力が必要です

 

 

 

 

私は生まれつき特注で身体が硬いので、

「力を入れる!」と考えると

身体を固める方に力が働いてしまいます

 

なので、生徒たちの指導の際にも

あまり使う言葉ではないのですが、

その日の先生は超軟体!(笑)

 

しかも、足の形がX脚+O脚(反張膝のO脚)

なので、おそらく

体幹に力を入れないと軸がとれないのかもしれません

 

 

だからと言って、その先生が単に力で固めているか?

と言ったら、答えは否です

 

伸びながら、体幹が揺れないように

揺れやすいウエスト周りに力を入れているように見えます

ただ、ちょっと全ての動きが力強いかな〜😅

 

 

 

 

 

骨格・筋肉・靭帯…

そして感覚・感性は十人十色!

 

 

だからこそ伝える事が難しいのですが…

 

 

考え方や重要視するポイントが異なっていても、

その人の身体に合ったものであれば

結果オーライなのではないでしょうか?

 

 

 

力を抜けば、身体が伸びる!

なんて思ってレッスンしていると、

いつまで経っても身体は鍛えられませんよ〜

 

 

 

バレエランキング

♪ ランキングの応援、お願いします ♪

 

 

-Ballet

Copyright© Masami Ballet School 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.