Ballet 改善

側湾症はバレエのせい?

投稿日:

 

バレエのレッスンが側湾症と関連する⁉︎

 

 

バレエランキング

♪ ランキングの応援、お願いします ♪

 

 

 

今日、レッスンで会った先輩から

こんな話を聞かされました

 

「側湾症の子供を調べて行った結果、

バレエのレッスンが側湾症になるのでは?

っていう論文を発表した大学病院の医師がいるのよ!」

 

 

早速、調べてみました

 

 

側弯症は背骨がねじれるように曲がる疾患です。

 

神経や筋肉の病気、脊椎の奇形など の既知の原因で起きる場合もありますが、

多くは原因が特定できない特発性側弯症とい うタイプです。

 

特発性側弯症の中で最も発症の頻度が高いのが、

思春期に発症する特発 性側弯症で、日本人の約 2%にみられます。

 

今まで側弯症の発症には遺伝的要因が関与 すると考えられていましたが、

疾患の発症や進行には遺伝子だけでなく、

母胎内の環境 や出生後の生活環境、

運動、生活習慣も関与していると考えられます。

 

通学鞄の重さ、鞄の種類、寝る姿勢、睡眠時間、

布団やベッドな どの就寝習慣、食生活などは側弯症とは関連はなく、

一方で、バレエなどの一部の運動 は側弯症と関連があることを発見しました。

 

 

    『思春期特発性側弯症との関連する身体活動および生活習慣』より引用

 

 

更に読み進めていくと…

 

肥満度を表す BMI が18.5 未満(痩せ傾向)の女児に

側弯が多いこ とを観察しました。

 

以前より低 BMI と側弯症との関連は報告されており、

摂食障害、過剰な運動、低骨塩量、

ホルモンバランス異常との関連が示唆されています。

 

母親が側弯症でない女児と比較して、

母が側弯である女児の側弯 OR が 1.5 倍となりました。

 

これは本疾患に遺伝的要素が関与していることを裏付けています。

 

つまり、遺伝する可能性が高いこと、

そして痩せている女子がなりやすいということです

 

バレエのレッスンを長年続けることで側弯に なったのか、

側弯になるような痩せ型の子がバレエを続けているのか?

 

低BMI が続いた結果 として側弯症になったのか、

側弯症だから低 BMI なのか?

 

これらは不明だと…

 

 

 

 

さて、ここまでは論文の引用!

 

これだけ読んだだけでは

「バレエって身体に悪いものじゃん!」

と思ってしまいますよね?

 

問題は、側湾症のバレエ経験者です

 

その子たちは、

どんな先生からどんなレッスンを受けていたのか?

 

これについては触れられていません

大学病院の医師にとっては専門外なので、当然ですよね

 

 

この話を教えてくれた先輩は、

「コンクールが盛んになって、

練習時間が長くなって疲れた状態で踊ったり、

受賞を狙って実力以上の事をさせようとして

それに身体のコントロールが伴わなくて歪みが生じるのでは?」

 

バレエの先生たちにとっては神対応的な発言でしたが…

 

 

先輩、バレエの先生はピンキリなんですよ!(笑)

 

 

 

私自身の話ですが、

生まれつき骨盤の形状・股関節の位置が

日本人離れしたバレエ向きであったために、

きちんとしたターンアウトを教わる事がなかったのです

 

そのため、身体に無理が生じ

早いうちから外反母趾になり、

膝の故障も20代で起こりました

 

 

大人になってから出会った先生方にそれを指摘され、

間違った使い方を重ねていたことに気づきました

 

それを修復するのは、本当に大変でした

今だから笑って言えるけど…😅

 

 

ほんの少しでも、ズレて積み重ねた積み木は

根底から修復する必要がありますよね?

 

バレエもこれと同じです!

 

曲がりなりにも積み重ねた経験、

これを根底から修復するモチベーションを

持ち続ける事が出来たのは、

心から信用できる先生と仲間の支えがあったからでしょう

あ、まだまだ修復中です!おそらく一生(笑)

 

 

修復した経験から様々な気づきがあって言える事!

 

「私はきちんとやっている! 出来ている!」

と勘違いしている人が多数です

 

これはバレエの先生の中にもいます

 

 

間違った身体の使い方をしていても、

人間はどこかで調整してバランスを取るものなので

結果としては出来るのです

 

きちんとした使い方で

身体をコントロールしているものとは異なります

 

このような使い方を続けていれば、

側湾症になるのも頷けます

 

 

決してバレエが原因で側湾症になるのではありません

 

 

 

バレエの先生が使い方を理解出来ているのか、

出来ていたとして、指導力は?

 

更に、どんなに良い先生の下でレッスンしていたとしても

本人がそれをきちんと受け入れて取り組んでいるのか?

 

これらが一体化していないと、

きちんとした事を習得することは出来ません

 

 

 

とは言え、

指導者の力量を見極めるのは困難ですよね〜

 

以前の記事を参考にしてください

 ↓ ↓ ↓ ↓

バレエ教室を選ぶポイントは?

 

 

 

 

そして、論文にも書かれているように

『痩せ型の子に側湾症が多い』

 

 

 

「バレエを習っている子は痩せている」

こんな風に思っていませんか?

 

もともと太りにくい子は別として、

ガリガリな身体を推奨する先生もお勧めできません

 

成長期にダイエットなんてナンセンス!

 

バレエを習う子みんなが

プロのダンサーになるわけではありません

 

たとえプロを目指すという子であっても、

成長期にはしっかり食べ、

ダイエットは大人になってからでいいのではないでしょうか?

 

食べ過ぎはNGですが、

成長期には良い栄養をしっかり摂りましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バレエランキング

♪ ランキングの応援、お願いします ♪

 

 

-Ballet, 改善

Copyright© Masami Ballet School 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.