Ballet

身体の使い方を見直そう【下半身編】

更新日:

 

「ふくらはぎ、細くなりた~い」

そんな人は…

 

 

応援ポチしてから、読んでください!

バレエランキング

★ブログランキングの応援してね~★

 

 

 

「ふくらはぎ、細くした~い!」

そんな声を聞いたので、さっそく記事にします

 

 

 

貴女の足はどのタイプですか?

 

歩いた時、どこに負担がかかるのか?

 

②の足が理想です。

かかる負荷が均等なので、脚のラインも崩れにくいでしょう。

 

③の足は土踏まずが落ち、外反母趾を引き起こしやすい足です。

内側のくるぶし・足首に負担がかかり、

外くるぶしに比べて内くるぶしが発達してしまいます。

 

①の足は、脚の外側に負担がかかり、脚の外側が発達します。

O脚の人に多い足ですが、O脚でない人も外側の筋肉が発達し、

O脚に見られてしまいます。

 

 

普段の歩き方を改善することで、脚の形は徐々に変わっていきます。

 

②の状態を心がけ、足指を均等にしっかり使って歩くようにしてみてください。

日本人の2~3人に1人が浮指だそうです。

足指の付け根と踵の2か所だけで体重を支えているため、

後ろ重心になり、上体は前傾します。

この姿勢が、下半身を太くします。

足指と指の付け根・踵の3点で身体を支えている正しい姿勢に比べ、

足裏に掛かる衝撃が大きいため、余計な筋肉が発達し、

更にその負担を和らげようという働きで脂肪が増えます。

 



 

 

 

さて、バレエのレッスンの際に気を付けなくてはならない事…

足のタイプによって改善点は異なるのですが、

いずれにしても正しいポジションは同じです。

 

よく見受けられる問題パターンを上げます。

 

・ 膝下でターンアウトしている

→ 骨盤が前傾して、後ろ重心になります

股関節と大腿部を外旋し続けるのが正しい使い方です

 

・ プリエの時、爪先と膝の向きが揃っていない

→ 上記の結果起きる現象です

このプリエを繰り返していると、

ジャンプの着地の際に大きな怪我に繋がります

爪先の位置を少し前にする事をお薦めします

 

・ グランプリエから上がってくる際、膝が内に入る

→ ターンアウトは静止ではなく『動き』です

ターンアウトをし続けてください

 

・ グランプリエの途中から、小指側に重心が乗る

→ 上記2つによって起きる現象ですが、

上体を引き上げ続ける腹筋不足でも起こります

足指を意識し、人差し指(稀に中指)に

膝が向かうプリエを心がけてください

 

・ 床に乗っているだけで、押せていない

→ 踊るときに身体を支えるのは、床しかありません

緩んだ脚でレッスンしていても強い軸は作れないし、

上達も望めません

 

 

 

 

 

↑  ↑  ↑  ↑  ↑

後ろ重心のためターンアウトできず、脚が緩んでいます

重心の位置を改善し、

上体を高く保つ事を習得する必要があります

(上体については後日…)

 

この状態で片足軸になると、

後ろ重心のなり、ふくらはぎの外側が発達します

 

 

 

貴女は週に何回レッスンしていますか?

 

間違った使い方を改善せずにレッスンしていると、

レッスン回数が多い人ほど脚の形を悪化させます

 

また逆に、正しい使い方をしていれば

レッスン回数が多い人ほど

綺麗な脚のラインを作ることが出来るのです

 

それだけではありません

 

正しく使う事で、怪我のリスクも減ります

 

 

経験上、悪い癖を直すことがどれだけ大変か!

という事はよく知っています

私もまだ改善中です😅

 

 

「趣味だから、楽しくレッスン出来ればそれでOK」

「趣味でも、きちんとした事を習得したい」

 

 

貴女はどちらを選びますか?

 

 

 

 

バレエランキング

♪ ランキングの応援、お願いします ♪

 

 

 

-Ballet

Copyright© Masami Ballet School 公式ブログ , 2019 All Rights Reserved.