自叙伝

転校した先の担任がクソだった

投稿日:

 

預けられていた伯母の家から東京に戻ったのは、

小学校2年の12月でした

 

 

 

バレエランキング

♪ ランキングの応援、お願いします ♪

 

 

 

 

 

その前に、今までの記事を読んでいない人のために…

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

① うるせぇ〜!このクソババァ!

② 隣のおばさんと父がクソだった

③ 祖父母の唯一の失敗は…

④ 学校の先生が神だった

 

 

 

 

母が退院したので、私は東京に戻れることになりました☺️

 

小学校2年生の12月、まもなく冬休みという時期でしたが、

冬休みを待たずに帰宅しました

 

先ずは私だけ!

 

退院したばかりの母の身体への負担、

今まで2人の子供を預かっていた伯母が急に寂しくなるのでは?

という理由から、妹はまだしばらく伯母の家に残ることに…

 

 

 

退院したとはいえ、1年以上も入院生活を送っていた母は

以前とは別人のように見えました

 

 

それでも両親の元に帰れた事で、毎日が薔薇色🌹

しかし、親父は相変わらずクソ😅

 

 

 

 

幼い頃から父親の押しつけの元で育った私ですが、

伯母の家で過ごした事で二重人格化しました

 

…というか、

父親や伯母の前で見せていた『ジキル』の顔は

私にとっては生きていくための仮の顔!

 

本来の顔は『ハイド』なのです

あ、当たり前だけど殺人鬼ではないですよ(笑)

 

 

 

父も伯母も、権力や時には暴力で押さえつけようとする人間でした

 

それって、子供にとっては想像以上に怖い事なのです

 

 

 

「女は女らしく、大人しくて勉強ができる子が良い子!」

 

そんな考えを持った父親だったので、

常に父親の前では『女の子らしくて大人しい子』を演じていました

成績は良くなかったけど…

 

 

 

 

私と妹が福岡の伯母の家にいる間に、

父は以前住んでいた足立区から練馬区に引っ越していました

 

引っ越した理由はふたつ…

 

足立区の家は環七沿いにあり、

車の排気ガスが原因で私が小児喘息になった事…

 

そしてもう一つ、これが本当の理由だと思うのですが、

私が救急車を呼んだ事で

近所の人に母が精神を病んだ事が広まったので、

世間体を気にする父はそこから逃げたかったのでしょう

 

 

 

東京に戻っても、友達も知り合いもいない

私にとっては新しい地…

 

そして2度目の転校です

 

 

小学校は自宅から徒歩3分くらいのところにありました

 

担任は、私にとって初めての男性教諭

 

 

当時は少し人見知りがありましたが、

なぜか直感的に好きにはなれないと感じました

 

 

小2の3学期に転校したので、すぐにクラス替えがありましたが…

 

担任は変わりませんでした😢

 

 

 

 

伯母の家では、伯母の前で『ジキル』

学校では『ハイド』の顔を見せてきたのですが、

東京に戻ってからは、父の前では『ジキル』

学校と、父親が仕事から帰宅するまでの母の前では『ハイド』でした

 

 

 

つまり、私の両面性を知っているのは母親だけだったのです

 

 

 

 

転校生だったにも関わらず、

本来の脳天気で過ごす学校生活では

すぐに友達ができました

 

 

 

しかし…

 

3年生になってまもなく、

担任が家庭訪問に来ました

 

その日は何故か、父親も自宅にいました

 

 

私の学校での様子をペラペラと話し…

当時よく一緒に遊んでいた

一つ年上の近所の子の話題を出し、

「あの子は頭が弱い。

2年生の時にお漏らしするし、挨拶も出来ない。

バカで喋る事も出来ないから、友達も出来ない問題児」

と悪口を話し出したのです。

 

 

担任が帰ると、

私は父親から思いっきり殴られました

 

 

 

殴られた理由は、『学校でも女の子らしくしていろ!』

という意味だったのだと思います。

 

 

そして…

「頭の悪い子とは遊ぶな! 友達は選べ!」

 

近所の子と遊ぶ事を禁じられました

テメ〜の娘も頭悪いんだよ(笑)

 

 

 

 

福岡の学校での家庭訪問は、学区域が広いので

先生は同じ地域をまとめて訪問していました

 

児童たちと一緒に学校を出て、順番に各家庭を訪問…

 

なので友達も一緒の家庭訪問でした😅

 

 

この時も担任は「とても活発な子ですね」と話し、

それに対して伯母が「うちでは殆ど喋りません!」

 

強い口調で言う伯母から、担任は何かを察したのでしょう

 

 

急に話題を成績の話に切り替えようと…

 

しかし、一緒に来ていた友達が

「え〜 学校では転校生とは思えないほどよく喋るよ!

家で喋らないなんて信じられな〜い!」

と話題を戻そうとするのです😅

 

 

この時も、先生と友達が帰ってから

私は伯母から叩かれました

 

 

 

 

2度も類似した経験をし、

私は学校でも『大人しい子』を演じる決心をしました

 

 

福岡の学校の担任は

何かに気付いて話題を変えてくれようとしたけど、

練馬の学校の担任は気づくどころか

面白がって話を誇張していました

 

更に私の遊び友達の悪口まで暴露するなんて…

 

忘れもしないO田先生、超クソでした💢

 

 

 

 

バレエランキング

♪ ランキングの応援、お願いします ♪

 

-自叙伝

Copyright© Masami Ballet School 公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.